お知らせ

HOME >  お知らせ  >  内閣府・文科省・厚労省の皆さん  こどものもりへ!

内閣府・文科省・厚労省の皆さん  こどものもりへ!

2011年09月21日

9月15日(木)9:30~12:50、認定こども園こどものもり(園長:若盛正城:当協会代表理事)にて、内閣府、文部科学省、厚生労働省の視察・情報交換会が行われました。

【出席者】
蝦名喜之氏(幼児教育課長)、橋本泰宏氏(保育課長)、小林洋子氏(内閣府・政策統括官)をはじめとする、総勢10名のみなさん。
協会側は、若盛正城、若盛清美(こどもの森保育園長)、古渡一秀、中山昌樹。

 
 当日は、先ず2階会議室「さくらルーム」にて園の基本理念や形態等の説明後、施設、保育をじっくり見ていただき、その後は再度「さくらルーム」にて当初の予定を延長して熱心な情報交換が行われました。
 そこでは、「幼保一体」の実際の姿、こどものもりの「コーナー保育」について、学齢別や異年齢カリキュラム作成についてなど保育に関する事がら、さらに保育者・スタッフが一体となる職員体制、職員研修など保育の質の向上に関する取り組み、加えて、保護者や地域の「幼保一体化」施設、あるいは「総合施設」に対する意識など、認定こども園の好事例に関するたくさんの情報交換ができました。
 この視察および情報交換が、今後の「新システム」における、「保育の質」を高める施策に反映されることを期待します。